株式会社​山猿

​〒861-0163 熊本市北区植木町豊岡540番地

​TEL 096-223-5069

​FAX 096-248-1724

まずはお問合せから

© 2017 YAMAZARU

【熊本市中央区黒髪、長薫寺にて枝下ろし(後編)】

April 23, 2019

みなさん、こんにちは!

山猿スタッフ田嶋です

 

熊本市中央区黒髪、長薫寺様にて大きくなりすぎたコウヨウザン、クスノキの

枝下ろしを行いましたので、一連の作業の様子をご紹介させて頂きます。

 

まずは、テラスや屋根に枝が覆い被さるほど大きく成長した

クスノキの枝下ろしからご紹介させて頂きます。

 

 

楠は駐車場と構造物の間に位置し、高さは約12メートル前後。

 

 

駐車場を利用する方々の往来も多く、

作業スペースを立ち入り禁止にして地上監視員を配置。

 

 

 

作業を始める前に

 

・どの箇所から枝下ろしを行っていくか

・どこに切った枝を下ろすか

・どのように切った枝を搬出するか

 

 

等を考えながら、一番効率よく動けるように樹上作業員がロープでぶら下がるための支点を構築。

 

 

上記以外にも樹木全体を見つつ枝の状態や太さ、幹に裂けやヒビ割れ、腐朽など欠陥が

無いかどうかを目視で確認を行い、作業を進めます。

 

 

(作業開始前、樹木全体を見渡し点検を行っている代表山本。)

 (枝下ろし作業中の様子。)

 

駐車場側にある外灯や排水パイプ、構造物側の屋根瓦、テラス、窓ガラスに注意しながら

枝下ろし作業を進め、無事にクスノキの枝下ろしを終えました。

 

(枝下ろし作業前と完了後。)

次に、コウヨウザンの高さを下げる枝下ろしです

 

高さは約15m、真下にはフェンスや電線があり、搬出経路は画像真ん中に見える通路のみ。

 

 

コウヨウザンの出来るだけ高い位置に枝をロープで吊り上げるための支点を構築し、

枝を一本一本、吊り上げながら枝下ろしを行っていきます。

 

 

地上から約4m程の高さまで下げてほしいというご依頼でしたので、下枝を適度に残して、

枝や幹の吊り切りを行う際には残した下枝を傷つけないよう注意しながら作業を進めました。

 

 

(ロープを操作して枝をゆっくり地上へ下ろしている様子。)

(下枝は残して棒の状態となったコウヨウザン。) 

 

枝を払い終わった後は幹の吊り切りを行い樹高を下げ、

残した下枝の混みあっている箇所を剪定。

 

 

切り終えた枝や丸太は運搬車やバックホーといった機械が入らないため

全て人力での搬出!

 

手で持てる大きさに切って地道に運び出して作業を終えました。

 

 

 

樹高を下げたことによって住宅に日が当たるようになり、

明るくスッキリとした印象に(^^♪

 

 

下の画像では後ろのイチョウと重なって見えるので、

少し分かりずらいかもしれませんが枝下ろし作業完了後の写真となります。

 

山猿ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

 

 

弊社ではロープワーク技術を使用して樹木の剪定、伐採を行いますので、

 

どんな状況でも、どんな樹木でも対応致します。

 

 

「何社も見積もりはしてもらったが、どこも出来ないと断られた。」

そんなお声をお客様からよくお聞きします。

 

 

高所作業車やクレーンといった重機が入らない場所だからといって諦めていませんか?

 

 

 

地元”熊本”を始め福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島

 

九州一円、お見積りは無料となっております(離島除く)ので

是非、山猿にご相談下さい!

 

 

お問い合わせ先

メールアドレス  yamazarucw@gmail.com

電話番号     096-223-5069

 

 

それでは次回のブログをお楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

弊社HPトップはコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

仕事初めは宮崎・鵜戸神宮にて

January 11, 2019

1/1
Please reload

最新記事